So-net無料ブログ作成
-| 2018年01月 |2018年02月 ブログトップ
前の10件 | -

第2回ホースメッセ [馬のこと]

1月18日から横浜赤レンガ倉庫で開催されているホースメッセに行ってきました。
本日が最終日です。
馬が非日常になってしまった日本で、昨年に続けて大規模な馬関係のイベントが開催されたことを、
本当に嬉しく思います。
※拙い記述ですが、昨年の様子はこちら
主催者・各ブースのスタッフ・講演やイベントにご協力くださった皆様方に、心から感謝申し上げます。

まずは、氣になっていた長瀬さんのライブドローイングへ。
IMG_0018.jpg

来場された方と会話をなさりながら、淀みなく筆を進めていかれます。
青毛や青鹿毛の馬がお好きなこと、今描いている馬は「頭の中のイメージ」であること…など、お話ししてくださいました。

他のアート作家さんのブースを回り、
馬具屋さんのブースを回り、
以前お世話になっていたクラブの先生のブースでおしゃべりをし、
偶然会った友達とお昼を食べて、

午後の講義に備えて場所を移動する前に、もう一度長瀬さんの所に行ってみると…
IMG_0021.jpg
お昼休憩のようでご不在でしたが、絵の全景を撮ることができました。

悪天候のためclose時間が早まり、講義が終わってから見に行けなかったので、
完成した姿は見ることができませんでした。
2月に都内で個展を開かれるそうなので、その時に聞いてみようかと思います。

午後は、藤本美芽先生の馬のマッサージ講座と宮田朋典さんの馬の性格とインストラクティング・コーチングに関する講座へ。
※講師の宮田朋典氏から「先生」と呼ばないでとのご希望があるため、敢えて「さん」付けにしています。

藤本先生の講座は、具体的なマッサージのやり方というよりは、
馬の解剖とマッサージの際に気をつけることが主な内容になっていました。
先生の馬に対する愛情が伝わってくる講義でした。
帰宅したら、先生のご著書をもう一度読みながら復習しようと思います。


藤本先生の講義が終わって、次の講義の会場設営の間ロビーで並んで待っていると、
講師の宮田さんがいらっしゃいました。
列の1人1人に声を掛け、ご挨拶をなさっています。
「参加者に挨拶したいから」といつも開講時間より早めに会場入りされる宮田さんの心配り、
大好きで、こういう方から直接教えて頂けることを嬉しく思います。

宮田さんの講義は、本来は指導者向けの内容でしたが、蓋を開けてみれば受講者の殆どはアマチュア…

仕事関連のセミナーでも講師の先生からよく発せられる言葉に、
「本当に聞いて欲しい人は参加しなくて、聞かなくてもわかっている人が参加する」
というのがありますが、正にその状態…今の日本の乗馬業界が抱えている課題が表れています。

参加者が宮田さんのセミナーや講習会で知った人たちばかりだったため、
いつものクリニシャン型(参加者の抱えている問題点を抽出し、解決に向けたアドバイスをする)の講義に。

個別の質問に答えるという形ではありませんでしたが、
・ライダーとトレーナーの違い
・目的・用途に応じた馬への接し方・馬の作り方の違い
・部班運動や馬場馬術の本当の意味・目的
など、時に脱線しながらも、理論に基づいてお話しくださいました。

ビギナー時代(今でもビギナーですが)からこういう話を聞けていたら、
部班レッスンを別の意味からも楽しめただろうなぁ…

競馬や競技以外の馬の楽しさ、馬と接する時の自分の覚悟・責任への氣付きを得られた、
貴重な時間でした。

大雪警報が発令されるほどの悪天候となってしまいましたが、
悪天候を押してでも行って良かったと思える1日でした。

もう第3回へ向けて準備が始まっているようですし、
第3回は会場に馬が来るようです。
IMG_0017.jpg
終わったばかりですが、来年の開催が今から待ち遠しいです。

IMG_3980.jpg
昨日入厩した2頭(アンケート回答で頂いたもの)
↑の馬が氣になる方は、↓へ。

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

馬の性別 [乗馬用語]

「初乗り」に登場した[ドル袋]さんは、「?馬(せんば)」です。

馬の場合、雄♂は牡馬(ぼば)、雌♀は牝馬(ひんば)と言います。

それとは別に「?馬」という第3の性別があります。
?馬とは、去勢した牡馬のことです。
去勢すると、気性が穏やかになり、競馬において扱いやすくなると言われています。

乗用馬の牡馬は、ほとんどが?馬です。
[ドル袋]さんは違いますが、日本の乗用馬の多くは、元は競馬で走っていたサラブレッドです。
競走馬は速く走ることが求められるため、気性が激しい馬も多いのですが、
乗用馬の場合、人の指示に従って、落ち着いて運動することが求められます。
障害のコースを回ったり、図形を描いたり、長距離を走ったり、整地されていない野外を走ったりしなければなりません。
そのためには、気性が穏やかな方が、人にとっても馬にとっても安全なのです。

また、牝馬が発情する春先には、牝馬が近くに居るだけで、牡馬が興奮することがあります。
そんな状態では、乗馬どころではありませんね。
乗馬クラブなどで、牝馬と一緒にレッスンをする可能性が高い乗馬クラブ所有の馬は、ほとんどの場合、去勢をします。
乗馬クラブの馬でも、オーナーさんが別にいる場合や競技馬は、去勢しないこともあります。
?馬よりも牡馬の方が動きがパワフルなので、競技の場合は牡馬のままの方が有利な場合もあるのです。

ちなみに、牝馬の避妊手術はしません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

馬の種類 [乗馬用語]

日本では「馬」と言えば、競走馬=サラブレッドを思い浮かべる方が多いかと思いますが…
png.png
サラブレッド代表 【ディープインパクト】様(競走馬のふるさと案内所のHPからお借りしました)
非常に興奮しやすく神経質で、気難しい面もある。世界で最もスピードがある

世界(勿論、日本にも)には様々な種類の馬がいます。

「初乗り」に登場した[ドル袋]さんは、「リピッツァナー×アラブ」つまり「リピッツァナー」という種類の馬と「アラブ」という種類の馬のミックス(雑種)です。
IMG_3375.jpg
顔立ちはリピッツァナー寄り。

mig.jpg
リピッツァナー
後肢(後ろ足)が強く、敏捷で活発。穏やかな気質は、高等馬術の調教に向いていると言われている

img_1b1b197d0b80a99db5235bb6c1d2bc8b212047.jpg
アラブ
顔の中央部が凹んでいるdish faceが特徴。丈夫でスタミナがある。エンデュランス競技(馬のマラソン)に向いていると言われている

[ドル袋]さんは、三枚目の性格をした食いしん坊さんですが、リピッツァナーの活発さとアラブのスタミナを備えた、「やればできる子」なのです。

この記事の馬に関する記述は、「新アルティメイト馬」を参考にしました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日の野良馬さん [野良馬]

年末年始から、仕事2日を挟んだ長かった休みも終わり…
この休みは、馬の所に居る時間の方が長く、毎日が幸せ[グッド(上向き矢印)]でした。

今日からはその分仕事なわけですが…お仕事があるのも有難いことです。

数日前になりますが、野良馬さんを思い出しながら。

1月◯日 晴れ 強風

悠々自適な放牧生活を満喫している野良馬(本当に野良ではありません。飼い主さんは居ます)さんの運動と手入れに伺いました。

【野良馬①】
IMG_3881.jpg
【水木】 アパルーサ 牝

・調馬策:左手前はcanterまで、右手前はtrotまで
前回よりもスムーズにcanterができる
・GW:「back」と「down」のコマンド
☆「down」はスムーズになってきた
★裏掘りの時に、左後肢が上がらない。触っても痛がらないし、熱感もないが、注意が必要
IMG_3903.jpgIMG_3902.jpg

【野良馬②】
IMG_3911.jpg
【花】 ドサリンガー(道産子×ハフリンガー) 牝

馬の問題行動に書いた講習会で、
 先生からアドバイスを頂きましたが、まだ準備が整っていないので、本日は運動をお休み。

【野良馬③】
IMG_3575.jpg
【咲】 ポニー 牝

・引き馬
・手入れ
★鬣が伸びてきたので、時間作ってグルーミングすること
IMG_3923.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

馬の問題行動 [GW]

お世話になっている先生が、関東で、問題行動のある馬のリトレーニングを行う…と連絡を頂いたので、
千葉まで行ってきました。

主催者側の意向で、場所やリトレーニングの詳しい内容は公開できないのですが…

朝から千葉まで出かけた甲斐がありました[るんるん]
野良馬さんのトレーニングに使えそうなアイディアをたくさん教えて頂きました。

「問題行動」というのは、あくまで人間目線の判断で、
言葉を話さない馬からの意思表示だったり、馬の本能や生理に基づく当たり前の行動だと思います。

ですが、人と暮らす上でお互いが危険な状況に陥ったり、ヒト社会では受け入れ難いこともあります。

馬は野生状態では生きられませんし、使役動物や経済動物ですので、
人と暮らす上で、お互いが安全で心地良く居られるルール・関係を築かなければなりません。

乗馬は馬の協力無しでは成り立ちませんから、
パートナーである馬が happy であることが大切です。

馬に happy を提供できるように、
馬とのコミュニケーションの取り方をもっと学んでいきたいと思います。

伺った千葉の乗馬クラブは、ユニークな取り組みをなさっていて、
以前から伺ってみたいと思っていたクラブでしたので、
その念願も叶って嬉しかった上に、
周囲の美味しい果物農家さんにも連れて行って頂けました。
fullsizeoutput_308.jpeg
荷物の関係で、生の果物を持ち帰れる余裕がなかったため…自家製ジャムを購入。

次回までにしっかり復習して、教わったことを活かしたいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

3鞍目 [レッスン]

正月休みも終わり…ましたが、今年は日の並びが良いのか、2日空いただけでまた乗ることができました。

【本日の相棒】
IMG_3900.jpg
前回と同じ【Natal】さん
お昼に近かったけれど、馬房に迎えに行ったら、まだ寝ていました[眠い(睡眠)]
レッスンが続いてお疲れモードかな?

《今日やったこと》
・3種の歩様:常歩・速歩・駈歩
・歩度の詰め伸ばし
・山形乗り

《気をつけたこと》
・拳を使い過ぎない
・前傾しない
・下を見ない

《注意されたこと》
・特に右手前では後肢を活発に、反応が鈍いようなら鞭で気づかせる
・腹筋で支えて、背筋は柔らかく使う

《上手くいったこと》
・強風だったが、馬の集中を人に向けておくことができた
・左手前駈歩で、馬が寄りかかってきた時に、内方手綱を譲ることができた

《上手くいかなかったこと》
・駈歩で馬の前が強くなると、前傾してしまう
・駈歩で馬が躓いた時に、押し切れずに速歩に落ちてしまった
・駈歩では坐骨を後ろから前に

同じ馬に続けて乗せて頂いているので、自分の課題に集中して取り組むことができました。

しかし…何回乗っても、注意されるのは同じこと。
自分の体を自分の思うようにコントロールできないことがもどかしい…
少しでも上達して、馬の負担が軽くなる乗り方ができるようになりたいと思います。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

馬房ってなんだ? [乗馬用語]

馬房と書いて「ばぼう」と読みます。
馬を入れておく部屋のことです。
基本的には、1つの馬房に1頭の馬を入れますが、
ポニーなどの小さい馬は、1つの馬房に複数の馬を入れる場合もあります。

馬房が集まって長屋のようになった建物を、厩舎(きゅうしゃ)と言います。
Unknown-4.jpg
↑の画像の、馬が入っている1区切りが馬房です。
432.jpg
ヨーロッパのラグジュアリーな厩舎(馬房)。画僧はヴェルサイユ乗馬学校のHPからお借りしました。

馬房の大きさは、馬の種類によっても異なりますが、
馬が不自由なく寝たり起きたりできる広さと高さが必要です。
一般的なサラブレッドくらいの大きさの馬の場合、
大雑把に見て3m×3m×3m以上のスペースが必要になります。
3m×3mというと、ちょうど6畳の部屋くらいの大きさです。
もしかすると、自分の部屋よりも馬の部屋の方が広いかも…なんてこともあるかもしれません(^^;;

馬は草食動物で、本来は群れで暮らす動物です。
1頭でいるよりも仲間の姿が見える方が安心します。
ですので、馬房や厩舎は、馬同士が互いに見えるような作りになっています。

タグ:乗馬 馬房
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日の野良馬さん [野良馬]

1月◯日 晴れ 強風

悠々自適な放牧生活を満喫している野良馬(本当に野良ではありません。飼い主さんは居ます)さんの運動と手入れに伺いました。

【野良馬①】
IMG_3881.jpg
【水木】 アパルーサ 牝

・調馬策:左手前と右手前を10分ずつ
・左手前はcanterまで、右手前はtrotまで
★運歩が重い。canterは継続が難しい。
☆左手前canter後は、後肢の踏み込みが良くなった。
・GW:「back」と「down」のコマンド
☆声をかけながらプレッシャーをかけていくと、何をすれば良いのかは理解している様子
 →スムーズにできるように反復練習が必要

【野良馬②】
IMG_3846.jpg
【花】 ドサリンガー(道産子×ハフリンガー) 牝

・調馬策:左手前・右手前合わせて15分
★調馬策を装着すると、相変わらず勝手に走り始める。大爆走。尾を上げて、かなり興奮している様子。
 何度かbacking。trotに落ちても、繋駕レースのトロッターのように脚を高く上げて爆走。
 落ち着くまで走らせれば、その後指示には従う。

【野良馬③】
IMG_3575.jpg
【咲】 ポニー 牝

・調馬策:左右の手前でcanterまで
・コマンドにはいちばん素直に反応する

乗って運動させることができると、もう少し色々できるのですが、
6年ほど誰も乗っていない馬たちなので、焦らず少しずつ関係を作っていけたら…と思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初乗り in クラブ [レッスン]

1月2日に今年の初乗りは済ませましたが…今日はクラブでの初乗りです。

【本日の相棒】
IMG_3900.jpg
Natal サラブレッド 22歳 牝

《今日やったこと》
・3種の歩様:常歩・速歩・駈歩
・歩度の詰め伸ばし
・巻乗り、輪乗りの開閉

《気をつけたこと》
・下を見ない
・前傾しない
・鐙を下に踏む

《注意されたこと》
・特に右手前では、拳を使いっ放しにしない
・腹筋で支える

《上手くいったこと》
・人が硬くならずに動くことができた
・輪乗りを閉じても速歩を維持できた

《上手くいかなかったこと》
・駈歩発進の時に無意識に下を見てしまう
・運動し始めは前傾になりがち
・特に右手前で、脚を使う時に脹脛を鞍につけておく

あまり間を空けずに乗ることができたせいか、
「いつもより良く動けてる」と言ってもらえました。

馬に乗らない時間の方が長いのだから、
今年は今まで以上に、日常生活の中でできるエクササイズを取り入れて、
体を作っていきたいと思います。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

再会 [馬のこと]

まだ乗馬を始めた頃にお世話になった馬に、再会することができました。

IMG_3894.jpg
【Big Up】 中間種 26歳 騸

馬の26歳は、人間で換算すると、82歳くらいに相当します。
(馬の種類によっても、若干の差があります)
私が乗っていたのは、彼が13歳〜14歳くらいで、
レッスン馬としていちばん活躍できる年齢だった頃ですから、
今では立派なお爺ちゃんですね。
今はレッスンを引退して、体験乗馬で活躍しているそうです。

乗馬において、いちばんの先生は「馬」です。
レッスンをしてくれたり、乗り方や手入れに関するhow toを教えてくれる
インストラクターはいますが、
自分のやったことに反応を返してくれるのは馬ですから、
馬から返ってきた反応が答えになります。
自分のしたことが馬にとって良いことだったのか、
そうでなかったのか…全ては馬が教えてくれます。

年を取って様々なことを経験した馬は、人の多少の間違いは許容してくれます。
初心者のうちは、こうしたベテランの馬から教わることが多いのです。
いつまでも元気で活躍し、
まだ乗馬を始めたばかりの人たちの良い先生になって欲しいと願っています。

たくさんの人に愛されますように。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -
-|2018年01月 |2018年02月 ブログトップ